ローンで払いすぎた過払い請求をしてみましょう

ローンとは、銀行や、消費者金融(悪質なヤミ金融業者も有ります)などからお金を借り、分割で返済をしていくことです。
ローンの種類には、住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、トラベルローン、カードローンなど、色々な種類の物が有ります。


勿論、銀行や、消費者金融に係わらず、どこでローンを組んだとしても、金利は必ず付きます。

その金利には法定金利が定められています。

その定められた金利以上の金利で貸付を行った場合には、刑事上に置いて罰せらることになっています。

しかしながら、平成22年の法改正以前は、殆んどの登録貸金業者(消費者金融やサラ金や信販ローン、クレジット会社)も、実は利息制限法に違反し、グレーゾーン金利の仕組みを利用し貸し出しを行うことが一般的でした。グレーゾーン金利とは、民事上の規定で設定されている金利のことで、刑事上で罰則を受けない範囲の利息制限法の規定以上であり、なお且つ出資法の規定以下の利息のことです。


そのグレーゾーンの利息を消費者が支払い続けたことに依って発生した利息が過払い金です。



払い過ぎた利息(過払い金)は過払い金返還請求をすることによりとりもでせます。
完済して10年以上経っている又は、契約書を紛失してしまたなどの理由で出来ないと思っていても、裁判所の判例で、貸金業者には保存する全ての取引履歴を開示義務がある為、取引履歴を開示するよう請求し、その取引履歴を元に、利息制限法で定められている金利に計算し直す事で、過払い金額及び現在の借入残高を確定できます。



この様に特別な事情がない限り、取り戻すことができるので諦めずに一度手続きしてみましょう。


自分から、事を起こさない限りは決して戻ってくることはありません。